blog index

雑板屋の脳内思考

映評・書評のブログです
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
「ラスト・コヨーテ 上下巻」マイクル・コナリー
 【乗り越えるべき壁】 

ハリー・ボッシュ・シリーズ第4弾。

冒頭からいきなり、ボッシュと女性精神分析医とのカウンセリングで始まる今作は、強制休職中の身のボッシュがまた何かハリウッド署でやらかしたことを仄めかしながら物語は始まる・・・。

その休職中の最中に、ボッシュ自身の心の壁でもある、売春婦であった母親マージョリー・ロウの死を解明しようと33年ぶりに自ら極秘の捜査を始めるのだった。

33年前・・・随分昔の寂びれた事件を穿り返すボッシュ。
証拠不十分で、当時の事件に関わった人間の生死も定かでない。
そんな不利な状況の中で、いかにして真犯人を・・謎の死の真相を突き止めるのか?

ボッシュ自身の転機となる今作。
常に過去を背負いながら極めて後ろ向きな人生の彼が、一体何処へ行こうとしているのか?
また新たな恋のお相手として、同じく重い過去を背負う画家のジャスミンの登場や、上司であるアーヴィングとの関係、そして憎き無能な上司パウンズとの最期・・・。

後半になるにつれて、話の流れも急展開で釘付けとなった。
確かな読み応えと、さらなるボッシュの活躍を期待せずにはいられない作品であった。

ラスト・コヨーテ(上)
ラスト・コヨーテ〈上〉

ラスト・コヨーテ(下)
ラスト・コヨーテ〈下〉



| ゆきち | 作家 ま行 | 08:14 | comments(0) | trackbacks(1) |
「M:i:掘
edf032d6.jpgトム・クルーズみたいに、姿勢よく走れる人ってすごいと思う!
高級車の爆破って、心苦しい・・・っつーかもったいないおばけがひゅるひゅると自分の中に飛び出てくる!

瞬きをすることさえも忘れて、食い入り状態で観てました。
いろんな高精度なスパイ・グッズが登場して、活躍するもんだからつい・・面白くて。
冒頭の救出劇から、どっかんどっかん♪とど派手に活動が始まって、そのまま萎えることなく話が流れて最後まで面白かった。
このシリーズ、トム・クルーズの演じるイーサンには愛着があって好き。

| ゆきち | 作家 ま行 | 10:46 | comments(0) | trackbacks(1) |
「ナイトホークス」マイクル・コナリー
bb205004.jpgナイトホークス(上) ナイトホークス(下)

【ハリー・ボッシュ刑事シリーズ第一弾】

ボッシュ刑事は1960年代ベトナム戦争のトンネル工作員を経験している。(そんな奴らをトンネルネズミと呼ぶらしい)
孤児院で育ち、父は不在、母親に捨てられた。ベトナム戦争経験者。後にロス市警の強盗殺人課に勤務。あるひとつの事件から殺人犯を射殺してしまい、結果、ロス市警内務監査課によってハリウッド署に転属させられた。
不眠症・閉所恐怖症などのPTSD(心的外傷後ストレス障害)を抱えていて精神分析医にも世話になるような男。

そんな一面もありながら一匹狼で仕事が出来る優秀で男臭いヘビースモーカーなボッシュが、またひとつ事件を追う。
パイプの中で発見された男の死体は、かつてのベトナム時代の戦友だった・・・。

そんなボッシュが事件を解決していくのには、なんらかの壁にぶちあたり、様々な苦難を乗り越えなければならないようで・・・
そのあたり、‘頼むよ〜ボッシュ!’とケツを叩きたくなるような、それでいて応援したくなるような・・・。

著者であるマイクル・コナリー氏は、クリントン元アメリカ大統領もお気に入り作家のようで、偶然にもそれを知ったのは随分後になってからのこと。
このボッシュシリーズ、自分がはまってしまいそうな予感がするのは、最初から判ってた。

貴方のイメージする刑事は? の問いに
今なら間違いなくボッシュを挙げる!

(2003年 冬 読了)
| ゆきち | 作家 ま行 | 14:56 | comments(0) | trackbacks(1) |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

bolg index このページの先頭へ