blog index

雑板屋の脳内思考

映評・書評のブログです
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
「川の深さは」福井晴敏
デビュー作にしてこの重厚さ・・・。
軽い気持ちで読み始めた自分を恥じるほど、中身は熱く激しく・・・そのスケールのデカさに驚いた。

国家機密を扱うテーマは重く、現実からかけ離れた内容。
登場する主な人物は、孤独な元マル暴刑事の警備員に、知性とずば抜けた戦闘能力を併せ持つ少年兵士、兵士の守るべき存在である少女、少年兵士の元上司である美女・・・。

想像の域を超えた物語に、正直やや遅れ気味ながらも、ついていけたような感がある。

それぞれの人物の心理描写や、激しく物々しい戦闘シーンの描写よりも人と人との関り方、特に会話に温かみと親近感を持ち、深く印象に残る。

タイトルの「川の深さは」・・・随所に重要なキーワードとして川が登場するあたりは、とても穏やかで、その流れが広大な海へと広がりと見せるように、読後感は平穏で安堵の得られるものであった。

川の深さは「川の深さは」福井晴敏
| ゆきち | 作家 は行 | 21:56 | comments(0) | trackbacks(2) |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

bolg index このページの先頭へ