blog index

雑板屋の脳内思考

映評・書評のブログです
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
「エイジ」重松清
【14歳の少年の心】 

同級生が、通り魔だった。
しかも同じクラスの・・・アイツ・・・。

主人公少年のエイジは14歳。
語り手が一人称で14歳男子・中学2年生の2学期・・・人間をあらゆる面で最も成長させるガラスの時期。
そんな多感で繊細な頃の男子中学生の心の中を見事に表現している。

物語には同級生、女子も男子も先輩も後輩も・・・中学生がたくさん登場する。
通り魔事件をきっかけに、エイジの身近な同級生でクラスメイトもそれぞれが、それぞれの立場で被害者の気持ち、加害者の怒り、客観者の視点で捉えるのだが、その心の動きは、緊張感や不安や動揺さえも感じた。
‘彼らは一体、何処へ向かうのか?’
一大人として、少年たちの先行きが非常に不安を感じたりもするのだが・・・。
結局のところ、そんな心配は一切不要なのだ。
彼らはみな成長する。
読後は、身体が動かず、硬直状態。
そして、ひとつの物語を読み終えた満足感とゆったりとした安堵感を得られるような・・そんな物語。


「疾走」を初めて読んで度肝を抜かれて以来、重松さんの著書は順を追って読んでいこうと思ってる。
「エイジ」・・・こちらもとても素晴らしかった。繊細で瑞々しい。
重松さんって、ほんとは多重人格者かもしれないと思うほど中学生の心情が事細かで鮮やかだった。
コレを執筆しているときは心が中学生だったんじゃないかとか思ってしまうほどに・・。

「エイジ」・・・読んでみて本当によかった。

エイジ「エイジ」重松清
| ゆきち | 重松清 | 14:14 | comments(0) | trackbacks(1) |
「きみの友だち」重松清
【たくさんの微笑ましいお話】

またしてもヤたれた。
重松さんの作品に・・・。
とてもとても微笑ましいたくさんのお話に・・・。

自分の幼い頃を思い浮かべても小学校時代なんて、陰湿ないじめなんてものはほとんど存在しなかった・・・と思う。
みんなの仲も良かったし、適当に自然にグループが出来上がっていて、そのグループ自体もぶつかり合うようなこともなかった。
今思えば、いかに純粋で単純だったのか・・・。

この連作短編小説の中に存在する子供たちは、まるっきりイマドキなのかもしれないけれど、それなりに幼いながらも自己の考えや主義主張や、悩みや苦悩なんかも抱えていて、内なる自己と戦ってたりする。
そんな様子がとてもいじらしくて、もどかしくて、微笑ましくて・・・。
決して甘すぎない人間関係を、ヘタをすれば大人以上にずる賢くて残忍な思考をするような汚い友情さえも、妙に関心して深く読み込もうとして夢中になる。

素敵なお話がたくさんあった。
恵美ちゃんと由香ちゃんのお話には、どうしても堪え切れない涙が溢れたし、ブンとモトの友情には憧れもするし・・・。
中心となる‘きみ’が次々と入れ替わってお話の主人公になり、‘きみ’を語る人間が誰なのか?ずっと謎を残したまま最終話を迎えることとなる。

読後・・幸せな気分を味わった。
こんなにたくさんの微笑ましいお話もいいなぁと思った。

きみの友だち「きみの友だち」重松清
| ゆきち | 重松清 | 16:48 | comments(0) | trackbacks(3) |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

bolg index このページの先頭へ