blog index

雑板屋の脳内思考

映評・書評のブログです
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
「パズル」山田悠介 
さて、久しぶりの山田くん著書「パズル」の登場です!
なんだかんだ言いながらも彼の著書が自室に置いてあるのは何故だろう?自問しながらもつい、さらりと読むのに打って付けの作品!というわけで、能天気に読み始めてしまうのであった・・・。


「パズル」・・・エリート進学校の高校に通う3年A組の担任教師が、校舎に侵入した武装犯人グループに人質に囚われてしまった・・さあ大変!
A組の生徒達は、嫌われ担任を救うべく、校舎にばらまかれた2000ピースのパズルを48時間以内に探し出し完成させなければならない。
果たして先生を救うことができるだろうか?
パズルを完成させることができるだろうか?

勉強ばかりで、ろくに友だちもいない親の言いなりなヤツらが勢揃いのA組生徒たち、クラスが一体となって、とにかくまとまることから始めなければ、何もすることが出来ない。
理屈ばかりが先行するような若者でも、他人同士、ライバル同士が協力し合い無心になって何かに没頭する姿を想像するのは、多少愉快な気分ではあった。
主人公でリーダー的存在の少年の純粋さが唯一の救いでもある。自分の道を自分の足で歩きたい・・・と願う自己の欲望。
きっとそんな小さな思いや親への反抗心が、大人へと自立し成長させるのであろう。
そんな彼の姿が清々しくもあった。

若干、強引に畳み掛けるような・・尻すぼみのストーリーの気もするが、無難な結末を迎えた感じ。

サクサク読みながらも、実は買い置きしてある犬のビーグル犬の1000ピースのパズルがやりたくてしょうがない衝動に駆られ、妙な気分になった。
この思いを理解できる人間が存在するのだろうか?
だとすれば、小さな幸せを感じるだろう。

ゲーム感覚の1冊。
エリート高校生たちと一緒に挑戦してみてはいかが?


| ゆきち | 作家 や行 | 06:22 | comments(0) | trackbacks(1) |
「風味絶佳」山田詠美 
【労働によってつくられた美しい筋骨が好きな方に】

薄い記憶。確か・・・本書の書評でどなたかが書いていた。
新聞の新刊レビューだったような気がする・・
なので1年以上も前のことだ。

‘肉体労働者の身体が好きな人は読め!’

印象的だった。とても・・。
素直に即‘読まなければ!’と思った。

私は労働によって作られた男性の美しい筋骨が好きだ。
軟弱体質な男性よりも遥かに断然・・。
労働による汗と埃と体臭は、そのまま肉体美となり男としての格を上げているような気がする。
男の強さと逞しさに動物的な色気を感じるのだ。
急に、守られたい衝動に駆られる。
そんなときだけ少女になる。
普段は強がってばかりいるけれど・・・。

映画化され話題となっているこの「風味絶佳」
女性作家の描く恋愛小説など、あまり好んで読まないのだが、極自然にその世界観に入り込めたように思う。

*間食
*夕餉
*風味絶佳
*海の庭
*アトリエ
*春眠

どの話も風味豊かで、愛に溢れている。
登場する人物が個性的で人間臭い。
愛にはいろんなカタチがあっても全然いい。
男と女・・二人にしかない出せないカタチがある。

男と女が持つ可愛らしさだとか、泥臭さだとか、性に剥き出しの欲望だとか・・・。
そんなものに惹かれていく・・自然に、極自然に。

私は私なりの私だけの愛し方を・・・
もっともっと優しく深い愛を・・・
捧げてあげたいと想う。

風味絶佳「風味絶佳」山田詠美
| ゆきち | 作家 や行 | 05:13 | comments(0) | trackbacks(3) |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

bolg index このページの先頭へ