blog index

雑板屋の脳内思考

映評・書評のブログです
<< 「イルマーレ」 | main | 「優しい子よ」大崎善生  >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
「記憶の棘」
d5214143.jpg記憶にはやはり棘があったのか・・と漠然と考えてみる。
事実は甘い記憶だけではなかったと・・・。

個人の解釈によって評価は極端に二分化されるだろうと思う。
少年は夫の生まれ変わりだったのか?今作のテーマというか題材は非常に面白く興味津々であった。

イチローの生まれ変わりが確か有名な大リーガーであったということを思い出してみたり、胎児が胎内の記憶をある程度幼少期に維持しているとうことを思い出してみたり・・・。
そういった人間の生まれ変わりや輪廻を、あながち嘘でもないように普段から思っていたりするのだが、ただの個人の思想にしか過ぎないし誰も証明できないことだとも思うので、今作に描かれている少年と夫の繋がりはあるのだと個人的には思いたい。

なぜ少年の態度が急変するのか・・そこは元妻に対する敬意ではないかと思う。
ピュアな愛だけ、ではなかったという罪悪感。

それにしてもテーマがテーマだけに今作を語るのは非常に難しい。
好き嫌いが明確に分かれると思う作品。

ニコールのベリー・ショートはキュートだった。
| ゆきち | 映画 か行 | 09:55 | comments(0) | trackbacks(5) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 09:55 | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://yukichi13.jugem.jp/trackback/114
「記憶の棘」
記憶にはやはり棘があったのか・・と漠然と考えてみる。 事実は甘い記憶だけではなかったと・・・。 個人の解釈によって評価は極端に二分化されるだろうと思う。 少年は夫の生まれ変わりだったのか?今作のテーマというか題材は非常に面白く興味津々であった。
| 雑板屋 | 2006/10/06 9:56 AM |
いよいよ公開ニコール・キッドマン主演『記憶の棘』!公式HPの「秘密の扉」を開けて下さい。
いよいよ'''9月23日ニコール・キッドマン主演『記憶の棘』公開'''です! 映画館にいらしてくださったみなさま ありがとうございました。 '''公式HPの「秘密の扉」'''を開けて下さい。 '''http://ww
| 『記憶の棘』を探して | 2006/10/06 5:37 PM |
『記憶の棘』
愛してる何度、生まれかわっても。     ■監督・脚本 ジョナサン・グレイザー■キャスト ニコール・キッドマン、キャメロン・ブライト、ダニー・ヒューストン、ローレン・バコール □オフィシャルサイト  『記憶の棘』 突然の心臓発作で亡くなった夫
| 京の昼寝〜♪ | 2006/10/15 5:44 PM |
記憶の棘
ニコール・キッドマン主演の 記憶の棘 見てきました。 〜内容〜 10年前に夫ショーンを突然亡くし、未亡人となったアナ(ニコール・キッドマン) 何年も待ち続けてくれたジョゼフと婚約したある日、見知らぬ10歳の少年が現れる。 「僕はショーン、君の夫だ。」
| GOING MY WAY! | 2006/10/31 5:17 PM |
記憶の棘  なんとなく棘が抜けない気分です。
タイトル:記憶の棘(原題:Birth) ジャンル:ミステリー風純愛もの/2004年/100分 映画館:三宮シネフェニックス(238席) 鑑賞日時:2006年11月3日(日)5人 私の満足度:65%  オススメ度:60% 久々のニコール・キッドマン主演作ということで、以前から見たいと思って
| もっきぃの映画館でみよう | 2006/11/24 11:52 AM |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

bolg index このページの先頭へ