blog index

雑板屋の脳内思考

映評・書評のブログです
<< 「小生物語」乙一  | main | 「レディ・イン・ザ・ウォーター」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
「アンデッド」
実は偶然にも何度か観ているゾンビ作品。

オーバーオールを着て首にルアーをぶら下げているさすらいのアングラー・ガンマン(←勝手に命名)が銃を両手に黙々と活躍するのが面白い。

隕石が飛来して以来、街全体がおかしなことになっていくのだけど、最初から有り得ないような展開で、話事態が適当に面白いような・・気になってくるのが不思議な作品。

胴体部分で切断されても下部(脚)だけがふらふらと脊髄を剥き出しにしながら歩く様が異様なりに結構好き。
UNDEADなヤツらがわんさと登場して、街全体がゾンビだらけ!
グロ表現は結構好き。
隕石が人間に突然ぶつかって、胴体部がすっぽり抜けちゃったりするのなんかご愛嬌。

古き良き80年代ホラーを彷彿とさせる作風ではあるが、B級とも言い切れないくらいなかなか頑張ってる。

アンデッド ◆20%OFF!「アンデッド」
| ゆきち | 映画 あ行 | 09:57 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 09:57 | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://yukichi13.jugem.jp/trackback/130
「アンデッド」
実は偶然にも何度か観ているゾンビ作品。 オーバーオールを着て首にルアーをぶら下げているさすらいのアングラー・ガンマン(←勝手に命名)が銃を両手に黙々と活躍するのが面白い。 隕石が飛来して以来、街全体がおかしなことになっていくのだけど、最初から有り
| 雑板屋 | 2006/10/23 9:58 AM |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

bolg index このページの先頭へ