blog index

雑板屋の脳内思考

映評・書評のブログです
<< 「レディ・イン・ザ・ウォーター」 | main | 「キャプテン・ウルフ」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
「青木ケ原樹海を科学する」早野梓
【樹海愛好家によるノンフィクション】

「青木ケ原樹海を科学する―自殺するには根拠(ワケ)がある」

〜年間100体を上廻る死体が発見される「青木ケ原樹海」。自殺がイイも悪いも、科学的論拠に立った上で対策がなされなければならない。「青木ケ原樹海のナゾ」と「人間生命のナゾ」の両面を、科学の眼で全解剖する〜

第一章 なぜ樹海で自殺者が多いか?
第二章 樹海はどのようにしてできたか
第三章 樹海の誘惑
第四章 私って誰?

大きく平たく表現するなら・・・
樹海をよく知る著者の、樹海の親切ガイドブックのようなものである。
樹海は生きた森であり、しかも動植物の生命あふれる森だと言う。
著者は樹海の近辺に長年在住されているとのことで、樹海をガイドすることもあるだけに、その地理的知識は豊富のようだ。
科学の目で解剖というわけで、終盤はウツ病や脳の仕組みについて書かれている。

個人的には読み物として‘樹海’そのものに興味がさらに湧くことはなかった。

ただ・・樹海は神秘的な美しい生きた森であることは想像できる。多くの生命が存在する森なのだと。

興味のある方は一読するもよし。

青木ケ原樹海を科学する「青木ケ原樹海を科学する―自殺するには根拠(ワケ)がある」早野梓
| ゆきち | ノンフィクション【死体・死】 | 02:34 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 02:34 | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://yukichi13.jugem.jp/trackback/132
「青木ケ原樹海を科学する」早野梓
【樹海愛好家によるノンフィクション】 「青木ケ原樹海を科学する―自殺するには根拠(ワケ)がある」 〜年間100体を上廻る死体が発見される「青木ケ原樹海」。自殺がイイも悪いも、科学的論拠に立った上で対策がなされなければならない。「青木ケ原樹海のナゾ」と
| 雑板屋 | 2006/10/25 2:35 AM |
セックス放浪記
中村うさぎさん。ショッピングの女王、ホスト、整形、ホテトル、ウリセン。多分、売れるために何でもする人と言う印象は多いと思う。それでも彼女が女性(あえて限定する)に支持されるのは、彼女の作品の端々に出てくる彼女の潜在意識「男性恐怖」だと思う。多くの女性
| ノンフィクションの日 | 2007/10/12 8:45 AM |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

bolg index このページの先頭へ