blog index

雑板屋の脳内思考

映評・書評のブログです
<< 「ミイラの謎」フランソワーズ・デュナン/ロジェ・リシタンベール/吉村作治監修 | main | 「陽気なギャングが地球を回す」前田哲監督 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
「グラスホッパー」伊坂幸太郎
〜主に活躍する人物〜

・元中学教師で、現在は非合法会社の頼りない社員の鈴木
・とにかく名の通りにデカ男で、寡黙な自殺屋の鯨
・一家惨殺を得意とするナイフの名手、殺し屋の蝉

平和に平凡に暮らす人々とはかけ離れたような闇の社会で、亡き妻の復讐に燃えようが、亡霊に話しかけられようが、自由と名声を求めようが、とにかく生きてるヤツらの生き様を描く。

全体的に、この「グラスホッパー」・・・伊坂作品にしては地味な気がする。
それに軸になる鈴木の慎重すぎる性格というか、優柔不断な弱気なところが、少々苦手。人が良すぎるっていうのか・・・。
それなら、よほど女上司の比与子の方が、男らしいか?
そもそも話の展開の慎重さと、悠長さがあまり好みではないのかもしれない。

終盤になるにつれて、ようやくスピードアップといった流れになるとちょっとワクワクもするけれど・・・。

それでも人物それぞれの、内心の葛藤や思考つまり、独り会話はそれなりに面白い。それぞれの持つ持論や美学や薀蓄はいつものごとく冴えてると思う。

人物で魅力的だったのは、鯨。
人を自殺に追いやるのが仕事の自殺屋。
愛する文庫本を常に尻ポケットに忍ばせてるような、孤独な男。
鈴木の性格が苦手な私は、彼の亡き妻のように接する気がする。亡き妻が時々登場し、鈴木を叱咤したり激励したり、どんどん引っ張っていってやりたい。
女の方がやるときはやるのかもしれないし・・・。


今回の伊坂作品「グラスホッパー」・・・勢い良く飛び続けた、とは言いがたいけれど、最後は安心して飛び切った気がする。

グラスホッパー「グラスホッパー」伊坂幸太郎
| ゆきち | 伊坂幸太郎 | 15:25 | comments(2) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 15:25 | - | - |
コメント
ゆきちさん☆こんにちは
この本を読んでから、交差点で信号を待つ時に一番前に立てなくなりました。(^_^;)
他の作品よりちょっとダークな感じだけど、やっぱり伊坂節は健在って感じでしたね。
| Roko | 2006/06/07 12:38 PM |
☆Rokoさん
コメントありがとうございます!
信号待ち、つい1番前まで行ってしまいそうなんで、ヤバいっすよ(笑
殺し屋たちのキャラや技(?)がそれぞれ個性的で面白かったです!
| ゆきち | 2006/06/10 3:58 PM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://yukichi13.jugem.jp/trackback/20
「グラスホッパー」伊坂幸太郎
〜主に活躍する人物〜 ・元中学教師で、現在は非合法会社の頼りない社員の鈴木 ・とにかく名の通りにデカ男で、寡黙な自殺屋の鯨 ・一家惨殺を得意とするナイフの名手、殺し屋の蝉 平和に平凡に暮らす人々とはかけ離れたような闇の社会で、亡き妻の復讐に燃
| 雑板屋 | 2006/06/05 3:31 PM |
グラスホッパー
グラスホッパーposted with amazlet on 04.12.30
| ついてる日記? | 2006/06/07 12:32 PM |
グラスホッパーのインタビューページ
 伊坂幸太郎さんの「グラスホッパー」を紹介するサイトを発見しました。  webK
| ついてる日記? | 2006/06/07 12:35 PM |
「グラスホッパー」伊坂幸太郎
昨日も感想を書いたんですが、最後のトラックバックを入れている時点でエクスプローラが落ちました・・・2度目って同じことが書けないですよね・・・   内容(「BOOK」データベースより)復讐。功名心。過去の清算。それぞれの思いを抱え、男たちは走る。
| 日々是もりちえ | 2006/06/13 11:16 AM |
グラスホッパー |伊坂 幸太郎
直前に偶然にも、村上春樹の『羊をめぐる冒険』を読んでいた。 あまり読書家ではないので、 上記の作品も、村上春樹作品も初心者だ。 ネットの書評などで、 村上春樹的だと語られているのも読んだ。 確かに、この作品を読んでみると、 「村上春樹
| ミステリー倶楽部 | 2007/02/23 7:46 AM |
グラスホッパー
私はこの小説を読んで初めて劇団と言う働き口があるんだ、と思いました。 最初はピンとこなかったですが読んでる内に面白く感じて読んだあとの興奮は収まり来ませんでした。 全ての符号と言うか常に荒がないようなストーリーテリングには脱帽しました。 きちんと
| 本を読もう | 2007/03/27 7:39 PM |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

bolg index このページの先頭へ