blog index

雑板屋の脳内思考

映評・書評のブログです
<< 「イーオン・フラックス」 | main | 「サイレントヒル」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
「エミリー・ローズ」
元々、悪魔払いや悪魔憑きだとか、スティグマータ(聖痕)の類だとか・・・
オカルトものには目がないので、この実話基は法廷サスペンスとしても存分に楽しめた。

お国や宗教や文化は違えど、世の中には不可解で不思議な出来事があってもおかしくはないと普段から思ってはいる・・・なので検事側からなんとか勝利を奪ってもらいたくて、女弁護士と神父側に極自然に味方になっていた気がする。

エミリーに起こった出来事を所々交えて法廷劇はゆっくり、じっくりと進む。
証人や証拠収集に、懸命になる女弁護士の姿がたくましく、美しく・・・。

もし、自分が本件の陪審員だったら、検事の屁理屈熱弁も聞き流し、弁護人の正直で正当な意見に耳を傾けるはず・・・。

法廷モノとしても、見応え十分だった。
半端でない悪魔憑きの恐怖を体験したであろうエミリーの死を無駄にしてはならないと思った。

エミリー・ローズ〈ノーカット版〉 デラックス・コレクターズ・エディション ◆20%OFF!
| ゆきち | 映画 あ行 | 04:55 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 04:55 | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://yukichi13.jugem.jp/trackback/69
「エミリー・ローズ」
元々、悪魔払いや悪魔憑きだとか、スティグマータ(聖痕)の類だとか・・・ オカルトものには目がないので、この実話基は法廷サスペンスとしても存分に楽しめた。 お国や宗教や文化は違えど、世の中には不可解で不思議な出来事があってもおかしくはないと普段から思
| 雑板屋 | 2006/08/16 4:57 AM |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

bolg index このページの先頭へ