blog index

雑板屋の脳内思考

映評・書評のブログです
<< 「トム・ヤム・クン!(TOM YUM GOONG)」 | main | 「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
「NANA」2005年映画版
矢沢あいセンセの原作も大好き、現在放映中のテレビアニメ版も毎夜リアルタイムで観賞・・・そんな自分は「NANA」が結構好きだと公言していても、あまり周囲が相手にしてくれない。

映画版を観るのに、長く時間がかかった気がする。
多少なりとも勇気が必要だった。

冒頭、始まりののっけから想像以上に、安っぽくて寒気がした。
キャストも、個人的判断でミスキャストとベストキャストが半々。
セリフも、次に何がくるか?ほとんど理解しているので、観ているうちに段々自分のノリもテンションも上昇気味にはなったけど、原作を超えることはおそらく不可能に近いんだと冷静に・・・。(ま、当然か)

ハチの実家に帰省するエピソードや、章司と幸子の馴れ初めや幸子が幸子である理由も・・・もっと深いのだけど。

ナナとレンの愛のカタチは、いつだって黙って応援したくなる。
寄り添うだけの理由と過去が二人にはそれぞれ重過ぎるほど存在するから。
ナナとレンの再会シーン、原作でもTVアニメでも映画でも・・・泣きそうになってる自分が自分に引きそうになる(笑

やっぱり「NANA」が好きなんだなぁ〜と自分でも思う。

NANA スペシャル・エディション
| ゆきち | 映画 な行 | 11:36 | comments(0) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:36 | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://yukichi13.jugem.jp/trackback/72
「NANA」2005年映画版
矢沢あいセンセの原作も大好き、現在放映中のテレビアニメ版も毎夜リアルタイムで観賞・・・そんな自分は「NANA」が結構好きだと公言していても、あまり周囲が相手にしてくれない。 映画版を観るのに、長く時間がかかった気がする。 多少なりとも勇気が必要だった。
| 雑板屋 | 2006/08/19 11:37 AM |
映画好きの映画好きによる映画好きのための...
今まで見た映画やレンタルのちょっと辛口?な、勝手な感想を聞いてやってください。価値観や環境が違っていても、映画を通じて多くの人と共感しあえたらと思います。感想も書き込んでいってね。
| 映画好きの徒然なる日々 | 2006/08/19 1:30 PM |
真・映画日記『NANA』
(前から) 22時に吉川に着きTSUTAYAへ。 っと、いくらなんでもはしょり過ぎか(笑)。 午前中に映画を観てからの動きは →地下鉄上野駅構内のネットコーナーでパソコン →秋葉原でイベント(非公開) というもの。 で、なんで今頃『NANA』か、というと
| CHEAP THRILL | 2006/08/20 6:00 AM |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

bolg index このページの先頭へ