blog index

雑板屋の脳内思考

映評・書評のブログです
<< 「アイドル・ハンズ」 | main | 「真珠の耳飾りの少女」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
「エイジ」重松清
【14歳の少年の心】 

同級生が、通り魔だった。
しかも同じクラスの・・・アイツ・・・。

主人公少年のエイジは14歳。
語り手が一人称で14歳男子・中学2年生の2学期・・・人間をあらゆる面で最も成長させるガラスの時期。
そんな多感で繊細な頃の男子中学生の心の中を見事に表現している。

物語には同級生、女子も男子も先輩も後輩も・・・中学生がたくさん登場する。
通り魔事件をきっかけに、エイジの身近な同級生でクラスメイトもそれぞれが、それぞれの立場で被害者の気持ち、加害者の怒り、客観者の視点で捉えるのだが、その心の動きは、緊張感や不安や動揺さえも感じた。
‘彼らは一体、何処へ向かうのか?’
一大人として、少年たちの先行きが非常に不安を感じたりもするのだが・・・。
結局のところ、そんな心配は一切不要なのだ。
彼らはみな成長する。
読後は、身体が動かず、硬直状態。
そして、ひとつの物語を読み終えた満足感とゆったりとした安堵感を得られるような・・そんな物語。


「疾走」を初めて読んで度肝を抜かれて以来、重松さんの著書は順を追って読んでいこうと思ってる。
「エイジ」・・・こちらもとても素晴らしかった。繊細で瑞々しい。
重松さんって、ほんとは多重人格者かもしれないと思うほど中学生の心情が事細かで鮮やかだった。
コレを執筆しているときは心が中学生だったんじゃないかとか思ってしまうほどに・・。

「エイジ」・・・読んでみて本当によかった。

エイジ「エイジ」重松清
| ゆきち | 重松清 | 14:14 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 14:14 | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://yukichi13.jugem.jp/trackback/90
「エイジ」重松清
【14歳の少年の心】  同級生が、通り魔だった。 しかも同じクラスの・・・アイツ・・・。 主人公少年のエイジは14歳。 語り手が一人称で14歳男子・中学2年生の2学期・・・人間をあらゆる面で最も成長させるガラスの時期。 そんな多感で繊細な頃の男子中学
| 雑板屋 | 2006/09/08 2:15 PM |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

bolg index このページの先頭へ